Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の仕組みは?料金システムや登録方法についても解説

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の仕組みは?料金システムや登録方法についても解説

フードデリバリーサービスでも、知らない人はいないであろう、Uber Eats(ウーバーイーツ)。

四角型のリュックを背負って、配達をする方たちの姿を見ない日はないくらいです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、タクシー配車サービスのUberが、2014年8月よりフードデリバリーに特化したサービスを開始したことが始まりになります。

日本にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達サービスが上陸したのは、2016年9月のことです。

昨今でフードデリバリーの需要も高まり、Uber Eats(ウーバーイーツ)のサービスについて必要性も上昇しています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員の仕事に興味があるという方も、ここ最近で増えてきているのではないでしょうか。

  • 「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員として働きたいけど仕組みが知りたい…」
  • 「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員の料金体制など仕組みはどうなってるのか」
  • 「Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録方法を知りたい」

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員として登録する前に、上記のような疑問点が出てくる方も多いはずです。

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員の仕組みや料金システム、登録方法など気になるポイントを解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の仕組みとは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の仕組みとは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員はどんな仕組みで、デリバリーサービスをこなすのでしょうか。

また、働く上でどんなメリットがあるのかも気になるところです。

早速、解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員専用アプリを使う

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員は、デリバリーサービスを行う際に、Uber Driverという配達員専用のアプリを使用します。

自分の都合の良い日時に、Uber Driverアプリをオンラインにして待機し、配達リクエストが飲食店側から届いたらお仕事スタートです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員アプリの仕組みは、お仕事開始ができる状態ならオンラインにしてお仕事終了ならば、オフラインにするだけというシンプルなもので、スマホが問題なく利用できれば使いこなすことが可能です。

お昼のランチタイムや、夕方から夜にかけてのディナータイムはいわゆるピークタイムなので、その時間帯にオンラインにすることが稼ぐためのポイントになります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達の流れ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達の流れのステップについて解説していきます。

  1. Uber Driverをオンラインにする
  2. 配達リクエストが入る
  3. 飲食店に料理を受け取る
  4. ユーザーのもとへ料理をお届けする

上記の4つのステップで、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員は、ユーザーのもとに料理を運ぶという仕組みです。

Uber Driverに反映されている、お店の名前の下にあるNAVIGATEボタンを押せば、地図アプリが立ち上がるようになっており道に迷うことも少なくお店にたどり着くことが可能になっています。

また、ユーザーの待つ住所についても、同じように地図アプリが立ち上がりスムーズにお届けができます。

しかし配達リクエストを受けたからといって、すべての注文に対して受け入れなくてはいけないといったノルマもなく、自由に働ける点も魅力的です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員として働くメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員として働くメリットもパートナー登録の前に知っておきたいポイントと言えます。

  • 自分の都合で働ける
  • 服装も自由
  • 採用面接がない

上記の3点がUber Eats(ウーバーイーツ)で働くメリットです。

自分のライフスタイルに合わせて働くことができ、男女問わず幅広く活躍の場があります。

◆自分の都合で働ける

まずメリットの1つめですが、自分の都合で働くことができることです。

都合に合わせながら働くことが可能なので、本業がお休みだったりする際や急に予定が空いてしまったなど、Uber Driverをオンラインにすることで配達員としてのお仕事ができます。

シフトや時間の制約もありません。

配達リクエストが届き受注するまでは、時間の縛りもなくそれまでは自由に過ごせるので、自分の時間や必要なことに割ける点がポイントです。

また、上司も同僚もいない環境であるため、自分のペースで働くことができます。

◆服装も自由

メリットの2つめですが、働く際の服装が自由ということです。

制服を買うなど、余計な出費もありません。

ただし飲食を配達するという概念から、清潔なものを身に着けるという点は大前提になります。

また、自転車やバイクでの配達になるため、動きやすい服装であればより良いのではないでしょうか。

◆採用面接がない

メリットの3つめは、採用面接がないことです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員は、個人事業主であるため採用面接ではなく、公式サイトからパートナー登録をするのみになります。

面接の採否を待つ時間もなく、自分の好きな時に働くことができるというメリットではありますが、直接雇用ではない分自転車などの備品は自分自身で準備が必要というデメリットも存在するのです。

しかし自転車やバイクなどを持っていないという方には、月額料金が発生しますが車両をレンタルすることも可能になります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の料金の仕組みは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の料金の仕組みは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員で働く上で気になるのが、料金の仕組みです。

2021年5月10日より、新配達料金が全国に拡大・適用されました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の料金の詳細は、基本料金やインセンティブ・サービス手数料などがあります。

料金の内容詳細についてや、計算方法についてもふれていきます。

基本料金

まず1つめにご紹介しますのが、基本料金です。

基本料金とは、ベース金額のことを指します。

ベース金額は、受け渡し・受け取り料金+距離報酬+予定時間報酬から成り立ちます。

また配達調整金というものもあり、以下のような状況で加算される報酬です。

  • 交通状況が通常よりも混雑している
  • 通常よりも飲食店での待ち時間が長い
  • 配達員の需要の高さなどの要因がある場合

ベース金額と配達調整金を足したものを、総じたものが配送料になります。

ベース料金については、新料金体制になってからは都心部のみが高く地方都市が低いということではなく、全国共通となりそうです。

インセンティブ(追加報酬)

Uber Eats(ウーバーイーツ)でより稼ぐために欠かせないのが、インセンティブ(追加報酬)になります。

インセンティブの内訳としては、以下の3つです。

  • クエスト
  • ブースト
  • ピーク料金

インセンティブをうまく活用して、Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐためのポイントについても、一緒にご紹介していきます。

◆クエスト

まず、インセンティブの1つめはクエストです。

クエストとは、一定の時間内に指定された回数配達を完了することでもらえる、追加報酬になります。

事前にクエストの情報については、Uber Eats(ウーバーイーツ)からメール告知が来るシステムです。

さらにクエストには3種類あり、日またぎクエストや悪天候クエスト、週末クエストがあります。

もちろん自分自身に合うクエストを選ぶことができます。

まず、1番利用する配達員が多いのが日またぎクエストです。

日またぎクエストのパターンは2種類あり、「月~木」・「金~日」のいずれかを選べます。

配達完了件数は、人によってばらつきがあるのですが、配達完了件数が多いほど追加でもらえる報酬は多いという仕組みです。

続いて悪天候クエストは、雨や雪などの悪天候の日に発生するクエストになります。

悪天候だと稼働する配達員は減る傾向になるのに対し、注文数は増加するという現象に対応するために発生するクエストです。

配達員の数が少ない分、ライバルも減って多く稼げるチャンスです。

悪天候クエストは、発生する数時間前にアナウンスが流れます。

次に週末クエストですが、土日祝日限定のインセンティブです。

週末クエストは、指定時間に配達件数を達成するともらえるインセンティブになり、毎週末ではなくランダムに行われます。

◆ブースト

インセンティブの2つめは、ブーストです。

ランチタイムやディナータイムなど注文の多い時間帯など、指定された時間やエリア・曜日などで配達をすると、配送料金など基本料金を〇倍アップするというものになります。

配達リクエストが多く発生する時に、稼働できる配達員を確保するために、報酬も高くするというものがブーストを端的に説明したものです。

ブーストは地域により異なることもありますが、1.1倍~1.9倍が一般的な数字になっています。

より稼ぐポイントとしては、ランチタイムやディナータイムに稼働をすることです。

ピークタイムは、ブーストも発生しやすくなります。

◆ピーク料金

インセンティブの3つめとしてご紹介するのは、ピーク料金です。

ピーク料金は、注文が殺到しているエリアや時間帯、日にちなどで配達員が足りない地域にインセンティブを発生させて、配達人数を確保するという狙いがあります。

ブーストと異なる点としては、1件配達が完了することにより+〇円もらえるといった仕組みです。

ピーク料金が発生しているエリアは、Uber Driverのマップでオレンジ~赤色で表示がされます。

仕組みもシンプルなインセンティブになっているので、分かりやすいシステムです。

インセンティブでより稼ぎたい方は、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

サービス手数料

続いてサービス手数料について、ご紹介します。

サービス手数料とは、Uber Eats側に配達員が支払うものです。

基本料金からサービス手数料10%が引かれたものが配達員の報酬として、Uber Eats(ウーバーイーツ)側から支払われます。

報酬の計算方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の報酬の計算方法ですが、旧方式と新方式でほぼ変わりはないようです。

以下が、計算方法となります。

MEMO
配送料(ベース料金+配達調整料金)+インセンティブ-サービス手数料

Uber Eats(ウーバーイーツ)の公式ページからは、計算方法の詳細について公開はされていませんが、算出方法において大きな変更はそこまでないようです。

しかし旧方式の時から働いていた配達員の方は、新方式になって報酬が減額したとい感じる方も少なからずいるようです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録方法とは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録方法とは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の、登録方法についてご紹介します。

18歳以上であれば、年齢の上限なく配達員登録が可能です。

以下、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録手順になります。

STEP.1
アカウント登録
Uber Eats(ウーバーイーツ)の公式サイトから登録しアカウントを作成
STEP.2
車両選択
車両を選択して必要書類をアップロード
STEP.3
口座登録
銀行口座を登録する
STEP.4
配達バッグの購入
配達バッグを購入する
STEP.5
交通ルールに答える
交通ルールに答え、正解するとアカウントが有効になる

当サイトでは、当サイトの紹介コードを通して新規で配達員に登録された方にキャッシュバックキャンペーンを行なっております。

キャッシュバックキャンペーンの詳細は当サイト公式ラインにて確認できます。

その他、配達員に関するお得な情報なども配信していますのでよろしければご登録ください♪

まとめ

フードデリバリー業界は、需要が高く多くの人から必要とされている存在です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、最大のメリットでもある自由な働き方ができるという点で、今後も日本中から注目されていくサービスではないでしょうか。

上司や同僚もいないため、人間関係で悩むなどもなくストレスフリーです。

働く時間に制約がある方や副業として隙間時間に仕事を探している方などに、ぴったりの働き方といえます。

また、ランチタイムやディナータイムなどのピークタイムに働くことによって、より多く稼ぐこともできるので自分らしさを大切にしながら稼ぎたいという方にもおすすめです。

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の仕組みや料金のシステム・登録方法など、働く前に知っておきたいことについてご紹介してまいりました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員として登録しようか悩んでいる方へ、この際ぜひ公式サイトより登録してみませんか。

当サイト公式ラインではお得なキャッシュバックキャンペーンも実施中ですので、併せてご利用ください。

スマートフォンがあれば、登録も簡単にできるのでぜひ検討してみることをおすすめします。