Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録方法とやり方は?出前館配達員とも比較

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録方法とやり方は?出前館配達員とも比較

ボックス型のリュックを背負って、自転車やバイクでさっそうと街を駆け抜ける配達員を見ない日はないくらい、人気の職業でもあるUber Eats(ウーバーイーツ)配達員。

需要は高く、自由に働けてライフスタイルとの両立も可能です。

  • 「Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員に登録したいけど、流れとやり方を知りたい」
  • 「Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録資格や注意点を知りたい」
  • 「Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員と出前館配達員の違いを知りたい」

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員として登録を検討している方は、上記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録方法や流れ、資格や注意点などを詳しく解説していきます。

また、出前館配達員との違いにも触れていきますので、Uber Eats(ウーバーイーツ)と比較して検討してみたいという方にもおすすめの内容です。

当サイトでは、当サイト紹介コードを通して新規で配達員に登録された方にキャッシュバックキャンペーンを行っています。

キャッシュバックキャンペーンの詳細は当サイト公式ラインにて確認できます。

その他、配達員に関するお得な情報なども配信していますのでよろしければご登録ください♪

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録からお仕事開始までの流れ

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録からお仕事開始までの流れ

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録からお仕事開始までの流れは、以下になります。

STEP.1
アカウント登録
公式サイトからアカウント登録をする
STEP.2
必要書類をアップロード
免許証などの身分証明書類をアップロードする
STEP.3
配達バッグの購入
Amazonにて配達バッグを購入する
STEP.4
アカウントの有効化
必要書類を提出・承認されてからUber Eats(ウーバーイーツ)からメールが届き、交通ルールクイズに答えて48時間以内にアカウントが有効になります。
STEP.5
配達開始
承認メールが最短3日で届き、配達開始

Uber Eats(ウーバーイーツ)公式サイトにて登録することができ、面接もないため気軽に配達員の仕事をスタートできる点が魅力です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録で必要なもの

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録で必要なもの

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録で必要な書類は、乗る車両によって違います。

<自転車の場合>

  • 身分証明書
  • プロフィール写真

<原付バイク(125cc以下)の場合>

  • 運転免許証
  • 自賠責保険証書
  • ナンバープレートの写真
  • プロフィール写真

<軽自動車やバイク(125cc超)の場合>

  • 運転免許証
  • 車検証または軽自動車届出済証
  • 自賠責保険証書
  • 任意保険または自動車共済証書
  • ナンバープレートの写真
  • プロフィール写真
注意

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録の際に、書類提出時の注意点は以下です。

  1. 登録している氏名と書類の氏名が同一であること
  2. 各書類が四隅まで写っていること
  3. 書類にナンバープレート情報が記載されていること(原動機付自転車のみ)
  4. 必要書類以外のアップロードはしないこと(必要書類以外の個人情報だと承認ができないため)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録資格や注意点は?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録の、資格や注意点については気になる方も多いのではないでしょうか。

あわせて、外国籍の方の登録についてもふれていきます。

配達員登録資格

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録を考えている方は、どうしたらパートナーになれるのかや、資格について気になる方もたくさんいるはず。

まず、気になるポイントの年齢制限からふれていきましょう。

◆年齢制限

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員は、18歳の誕生日を迎えている方であれば登録資格があります。

年齢の上限については特に設けておらず、副業の方や主婦の方など様々な世代が活躍中です。

男女問わずに、ライフスタイルと両立をしながら働くことが可能になります。

◆外国籍の方の登録について

外国籍の方の登録についてですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の公式サイトにも以下のように記載あります。

配達員登録を検討されている外国籍の方は、ぜひチェックしてみてください。

※ 一部の地域では、一時的に日本国籍を所持していない新規配達パートナー登録を中止しております。ご不便をおかけし、大変申し訳ございませんが、ご理解いただけますようお願い申し上げます。

外国籍の方は在留カードとパスポートの写真を同じ画像に収めて、アップロードする必要があります。

永住者、(日本人・永住者の)配偶者、定住者、留学、家族滞在、文化活動、特定活動(ワーキングホリデーなど)の在留資格で、業務の制限無く週 28 時間以内のアルバイトを行うことが認められている資格であることを確認して下さい。
留学、家族滞在、文化活動 は資格外活動許可が必要となります。
登録完了するには、コンプライアンスセンターの一つで在留カードとパスポートの現物確認を済ませる必要があります。詳しくは、登録手続きの最後に配信されるメールをご確認ください。

引用「Uber Eats(ウーバーイーツ)公式サイト:配達パートナーの書類要件

配達員登録における注意点

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録をするうえでの、注意点をいくつか解説していきます。

  1. 個人事業主であること
  2. 確定申告が必要なこと
  3. 事故保険について確認が必要
  4. 登録車両の確認
  5. 備品などは自身で購入

まず、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員は個人事業主であり、配達した分報酬がもらえるというシステムです。

そのため、時間給や月給制ではありません。

個人事業主のために、確定申告が必須となります。

経費計上のためにも普段から、レシートや領収書の保管をしておくことをおすすめします。

また、もしもの事故の際の補償についても確認しておくことが必要です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、リクエスト受付から配達完了までの、配達中に起きた事故については事故保険が適用されます。

そして、Uber Eatsに登録できる車両は、

  • 自転車
  • 125cc以下の原付バイク
  • 125ccを超える中型バイクおよび軽自動車

です。

配達用保冷バッグなども、配達員自身で準備する必要があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録方法について、順を追って確認していきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録は、公式サイトから簡単なステップで完了します。

当サイトでは新規で配達員に登録された方へキャッシュバックキャンペーンを行っております。

公式ラインに詳細が確認できますので、もしよろしければご登録ください。

公式サイトからアカウント作成

初めに、Uber Eats(ウーバーイーツ)公式サイトからアカウント作成をします。

メールアドレス、氏名、携帯電話番号、パスワード、都市名を順番に入力します。

都市名は、後から変更も可能です。

車両の選択と必要書類アップロード

次に、ご自身の使用する車両の選択と先述した本人確認書類など、必要書類をアップロードします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)側で、必要書類の提出後に審査がありますが、最短で3日ほど平均して1週間ほど審査にかかるという心づもりでいると良いでしょう。

審査後、Uber Eats(ウーバーイーツ)側から結果についてメールが届きます。

Uber Driverをインストール

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達アプリの、Uber Driverをインストールします。

iphoneの方はApp Storeから、androidの方はGoogle Playからインストールが可能です。

銀行口座登録

そして次のステップは、銀行口座の登録です。

登録する銀行口座は、ゆうちょ銀行や信用金庫およびネット銀行については、対応不可という点が注意点になります。

配達用保冷バッグを購入

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録の際、配達用保冷バッグを購入することが必要です。

2020年以降、パートナーセンターが営業停止になったため、Amazonにて配達用保冷バッグを購入するという流れになりました。

交通ルールクイズに答えてアカウントが有効になる

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録で最後のステップは、交通ルールクイズに答えることです。

書類の提出後、承認が無事済んだ際に届くメールに、交通ルールの記載があります。

回答が特に問題なければ、48時間以内にアカウントが有効になります。

Uber Driverアプリのトップ画面にある出発ボタンを押して、オンラインになれば登録も完了し晴れて配達員デビューです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員に登録できないときは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録方法について解説してまいりました。

ただ、まれに配達員登録ができないケースもあるようです。

以下のようなケースがあるようですが、原因と対策を解説します。

  • 銀行口座の登録ができない
  • 書類の承認がされない

銀行口座の登録ができない

まず、銀行口座の登録ができないというトラブルについて、解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録では、ゆうちょ銀行・ネット銀行・信用金庫は対応不可です。

そのため、三井住友銀行や三菱UFJ銀行など海外送金に対応しているメガバンクを選択することをおすすめします。

書類の承認がされない

続いてのトラブルが、書類の承認がされないということです。

確認していただきたいのが、登録した氏名が書類と同一のものかやアップロード写真ははっきりと鮮明に写ったものになっているかという点です。

上記の原因ですと、書類不備として扱われてしまうので注意が必要になります。

その他原因としては、書類審査が混雑していて承認が遅れているという可能性もあります。

どうしても登録できないときは出前館配達員がおすすめ

出前館_ロゴ

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員にどうしても登録ができないという方へ、出前館配達員がおすすめです。

公式サイトからシンプルな手順で登録できます。

働き方も自由で、ライフスタイルとの両立もできるため、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員同様人気があるフードデリバリー業者です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員と出前館配達員を比較

こちらでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員と出前館配達員を比較してみていきます。

まずは、それぞれの特徴からです。

それぞれの特徴

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員や出前館配達員の特徴は、どんなところにメリットがありデメリットがあるのか気になります。

それぞれのメリットデメリットなど、特徴をみていきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の特徴

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員のメリットとして、やはり自分のペースで自由に働くことができる点です。

車両や備品などを自身で用意しなければならないという点は、デメリットではありますが出前館配達員とも共通した点でもあります。

飲食店近くにいるパートナーが配達を請け負い、飲食店側で配達員の用意をする必要がない点が最大の特徴です。

出前館配達員の特徴

出前館配達員のメリットは、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員と同じく自由に働けるために、ライフスタイルとの両立ができる点が挙げられます。

また、デメリットも先述しましたが車両や備品の準備があるということです。

出前館では、飲食店だけでなくスーパーマーケットなどの配達も請け負っている点が特徴ともいえます。

配達単価や手数料の違い

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員と出前館配達員の比較で気になる方も多いのが、配達単価や配達手数料の違いです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員や出前館配達員の報酬は、配達した件数によって変わってきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は2021年5月10日から新報酬体系に代わっておりますが、1回での配達単価の平均は500円~550円ほどです。

一方で、出前館の単価はというと1回の配達で東京エリアは715円、大阪エリアについては660円もらうことが可能になります。

また、配達手数料については出前館は0円~420円で、Uber Eats(ウーバーイーツ)は50円~です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、距離が遠いほど配達手数料が高くなる仕組みで、出前館は距離ではなく店舗によって変わってきます。

まとめ

フードデリバリー業界は需要も高く、今後も伸びていく業界ではないでしょうか。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、誰もが知っているデリバリーサービスとして、日々配達員登録も増えつつあります。

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録の流れややり方、注意点などについてを解説してまいりました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)公式サイトより気軽に登録ができますので、配達員として働くことを悩んでいる方はこの際、ぜひチャレンジしてみることをおすすめします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員に登録をして、自分らしく新しい働き方にチャレンジしてみませんか。