出前館配達員は自転車とバイクどちらが稼げる?配達のコツやレンタルサービスについても解説

出前館配達員は自転車とバイクどちらが稼げる?配達のコツやレンタルサービスについても解説

今や、フードデリバリー業界でもトップクラスといっても過言ではない出前館。

毎日のように、出前館配達員の方が活躍する姿を見かけます。

  • 「出前館配達員でおすすめの稼働方法は自転車かバイクどちらなの?」
  • 「出前館配達員として稼働する場合、自転車とバイクそれぞれどれだけ稼げるのか知りたい!配達のコツは?」
  • 「出前館配達員として稼働する際の車両はレンタルできないの?」

出前館配達員として新規登録を検討の方は、上記のような疑問やお悩みが出てくる方もいるのではないでしょうか。

今回は、出前館配達員として稼働する場合に利用する車両でのメリットや、それぞれの配達のコツ・レンタルサービスまで幅広くご紹介してまいります。

【出前館配達員の登録はこちら】

→出前館配達員公式登録ページ

出前館配達員が利用可能な配達車両

出前館配達員が利用可能な配達車両

出前館配達員が、利用可能な車両についてご紹介していきます。

出前館配達員は、以下の車両を使いお客様に商品をお届けするのです。

  1. 自転車
  2. 125cc未満の原付バイク
  3. 125cc以上のバイクまたは軽自動車

順番に見ていきましょう。

自転車

まずご紹介しますのは、自転車での稼働です。

運転免許がなくとも、出前館の配達員になることができます。

隙間時間で配達をして、運動もできてお金を稼ぐことができるなんて理想的です。

125cc未満の原付バイク

次にご紹介しますのは、125cc未満の原付バイクになります。

原付バイクでの配達になると、自転車での配達に比べて倍稼げる配達員が多いようです。

ただし、ガソリン代は自己負担なので総支給額から、引いた分が手取りになります。

125cc以上のバイクまたは軽自動車

3つめにご紹介するのは、125cc以上のバイクまたは軽自動車です。

出前館配達員が、お届けに利用する車両で一番多く活用されているのがバイクです。

出前館配達員は、1度に4件までの配達を受注することができます。

出前館は、距離に左右されることない完全固定報酬制になるため結果、配達できた分が配達員の報酬になります。

バイクですとスピードも出せる分、配達の受注が多くできより配達をこなすことが可能です。

出前館配達員でおすすめの車両は自転車かバイクどちら?

出前館配達員でおすすめの車両は自転車かバイクどちら?

出前館配達員で、おすすめの車両は自転車かバイクどちらがおすすめなのか気になるところ。

実際にどちらが、より多く稼ぐことができるのでしょうか。

出前館配達員におすすめなのはバイク

結論から申しますと、出前館配達員として稼働する場合はバイクがおすすめです。

なぜならば先述した通りですが、より配達をこなすことができるためになります。

業務委託配達員として稼働する際、ガソリン代や車両の準備などやらなければならないこともあるのですが、自転車と比較すると稼げる報酬が倍ほどある点がメリットのひとつです。

以下、出前館の配達単価になります。

配達エリア 1件の配達単価(税込み)
東京都/千葉県/神奈川県/埼玉県 715円(税込み)
その他の地域 660円(税込み)

※沖縄県の配達単価は1件550円(税込み)になります。

同時に、同じ方向の店舗と注文者の方からの配達をこなせば、多く稼ぐことが可能です。

自転車での配達メリット

出前館配達員として稼働するには、バイクの方がより稼げるとご説明しました。

ただ、自転車で配達するメリットもあることも事実です。

出前館業務委託配達員は、ご自身で車両の用意をする必要があります。

その際の初期投資額が、自転車の方が少なく済むという点があげられます。

運転免許証を持っていない方や隙間時間で少しずつ始めたい方などの場合は、自転車で配達することもできるのでご自身のライフスタイルに合わせながら働くことができます。

複数車両登録することも可能

出前館配達員として働くことを検討されている方で、自転車での稼働を考えていたけれどバイクでの稼働もしたいとお悩みの方も多くいらっしゃるはずです。

出前館では、複数車両の登録も可能となっています。

1度車両の登録をした後で、車両の追加登録も可能となっているため例えば、悪天候の日はバイクで稼働するなどの工夫もすることができるのです。

出前館配達員が自転車で配達する時のコツ

出前館配達員が自転車で配達する時のコツ

出前館配達員が、自転車で配達するコツを解説していきます。

より稼ぐためには、どんな点を工夫すると良いのでしょうか。

まず、バイクよりも配達件数がこなせないデメリットがありますが、出前館はエリア担当制のために地理を配達をこなすたびに覚えることが自転車でより効率よく稼ぐポイントになります。

エリア担当制のために、常連のお客様を担当することも多い点も特徴です。

出前館配達員がバイクで配達する時のコツ

出前館配達員がバイクで配達する時のコツ

続いて、出前館配達員がバイクで配達するコツを解説していきます。

自転車と比較すると、配達件数をこなすことが可能なバイク。

より多く稼ぐポイントは、同時に複数の注文を受注することです。

先述しましたがまったく方向が違う注文ではなく、同じ方向にある店舗と注文者の方からの配達をこなせば報酬アップできます。

出前館は業務委託配達員キャンペーンも行っており、最大で1.2倍〜1.8倍まで配達単価がアップすることもあります。

キャンペーンを上手に活用しながら、報酬につなげることがより稼ぐポイントです。

配達車両をレンタルできるサービスもある

配達車両をレンタルできるサービスもある

出前館では、配達車両をレンタルできるサービスも行っています。

現在では、以下のような様々なサービスがあり出前館配達員として安心して稼働することが可能です。

MEMO
  • 仕入れ館
  • テイト
  • ワンデリー
  • FPレンタルバイク
  • AtoZ

レンタルサービスについて、順番に見ていきましょう。

仕入れ館

まずご紹介するのは、出前館が運営している仕入れ館です。

業界最安値水準で、車両のレンタルが可能になります。

安くレンタルできるだけのサービスではなく、各種保険や保守サービスも用意されているため安心して配達員デビューができますね。

仕入れ館で車両をレンタルするメリットは、他にもあるんです。

納車したその日から、稼働もできますし契約期間にもしばりがありません。

月額料金はかかりますが、仕入れ館のバイクには配達ボックスやスマホホルダーも付属しているため、わざわざ配達員自身で調達するものがないわけです。

一例として原付タイプの月額利用料金などを、まとめたものが以下になります。

MEMO
  • 月額利用料(本体・ボックス):27,500円(税込み)
  • 自賠責保険:料金に含む
  • 定期点検:料金に含む
  • 台車手配:料金に含む
  • 修理費:料金に含む
  • JAFロードサービス:料金に含む

何かあった際、都度料金が発生しないため良心的なプランです。

テイト

関東以外にも幅広い地域で、サービスを繰り広げるレンタルサービスがテイトです。

レンタルバイクの初回支払いを3ヶ月分一括で行うと、レンタル1か月目の料金がレンタル料のみとなります。

例えばテイトで人気No.1のジャイロキャノピーは、レンタル料28,000円+ボックスなどの付属品代金5,500円+納車・回収手数料5,500円がレンタルの1か月目にかかります。

3ヶ月分のお支払いを一括で行えば、レンタル料以外の11,000円が無料になるということです。

2か月目以降は付属品代金や納車・回収手数料は無料ですが、11,000円お得という点は魅力的に感じます。

ワンデリー

続いてご紹介しますレンタルサービスは、ワンデリーです。

ワンデリーは、東京都や神奈川県にお住いの方におすすめのサービスになります。

月額定額サービスは、維持費込みで18,150円で利用することができる点が魅力です。

お申込みと入金後、2~5営業日で車両利用が可能になります。

初期投資が抑えられる点は、魅力であふれています。

FPレンタルバイク

FPレンタルバイクは、東京都23区中心でその他神奈川県・埼玉県・千葉県で展開しているレンタルサービスです。

3ヶ月単位の契約で、3ヶ月以上のレンタルでボックスなどの付属品代金は無料になります。

保守整備もレンタル料金に含まれており、自賠責自動車保険も付帯されているため安心して利用ができます。

もしものトラブルの出張費や、代車料や引き取り料も無料です。

AtoZ

最後にご紹介するレンタルサービスは、AtoZになります。

九州地方や、山口県(離島除く)のエリアの方におすすめのレンタルサービスです。

車両レンタル料に任意保険が含まれている点と、ボックスなどの付属品が無料で貸し出しが可能な点が魅力になります。

ジャイロキャノピーは月額利用料金は33,000円(税込み)で、ジャイロキャノピーミニカーは月額42,900円(税込み)のレンタル料で貸し出しできます。

月額料金は年間契約のみです。

短期での契約もご用意しており、日額料金が適用されます。

お支払い方法は前払いとなっていて、WEBまたは電話申し込み後最短2日でバイクのお届けが可能です。

もしもの事故の場合も、対人・対物は無制限で人身傷害は3,000万円の補償が付帯しているため、安心して利用ができます。

まとめ

出前館配達員として自転車かバイクで稼働するか、配達パートナーとして稼働を検討されている方にとってはお悩みどころですよね。

出前館配達員は運転免許がなくとも、配達パートナーとして活躍ができる点が魅力的ですしまた、自身のライフスタイルや状況に合わせて稼働ができます。

今回は、出前館配達員で稼働可能な車両のご紹介やおすすめの車両、自転車とバイクそれぞれ配達時のコツやレンタルサービスなどについて解説してまいりました。

出前館は完全固定報酬制となっているために、配達した件数分が報酬となります。

効率よく稼ぐためにはバイクがより活躍できるということでしたが、配達員の方それぞれの希望や状況に合わせながら楽しく働くことが1番ストレスがないはずです。

出前館配達員として新規で登録をお考えの方に、お得な情報をここからご紹介していきます。

【出前館配達員の登録はこちら】

→出前館配達員公式登録ページ